倉敷市玉島で新しいもの発見!

新しいお店?実は老舗の飲食店うどん屋さんの引越し移転

新店舗の建築の様子

倉敷市玉島乙島(おとしま)にて、新店舗の木造建築が進んでいます。和風デザインの内装もどんどん進みます。実は、玉島の老舗うどん店の移転でした。

お店自体は1974年開業の老舗うどん屋さんです。今回店舗は改装ではなく、イチから新築です。新店舗のオープンは2019年9月中旬とのこと。25年間営業してきた店舗の見納めは今しかありません。

移転期間は2週間程度で、その間は営業はお休み。

移転するのは「手打ちうどん蔵」さん

移転先はたったの約10メートル

移転はすぐ隣

移転先はほんの10メートルほど進んだ南側。以前は花屋さんがあった場所です。

乙島の道を隔てた向かい

右側へ従来の看板が見えますが、建築中の新店舗は道を一本隔てたすぐ先。めちゃくちゃ近いです。

玉島乙島の産業道路沿いGS隣へ

乙島の産業道路沿いに移転

倉敷市玉島乙島の産業道路沿いに位置します。お隣はガソリンスタンドのエネオスさんです。

新店舗建築の完成時期

オーナーさんによると、2019年9月中旬に完成予定とのこと。新装オープンが楽しみです。

建築中の店内へ

※ 2019年6月4日撮影

入り口部分

建築中のお店ドア

こちらが建築中の店内入り口のドア。

すでに木造の良い香りが漂っています。

店内が気になります。

厨房・カウンター部分

店内カウンター部分

奥はオープンデザインの厨房。カウンターも出来つつあります。建築会社の職人さんが丁寧に作業中。

客席部分

店内客席部分

こちらが客席テーブルが置かれるスペースだそうです。

お座敷部分

お座敷部分

こちらはお座敷スペース。

天井部分

天井部分

天井です。木材がふんだんに使用されています。うどんは和食なので、木造はとても雰囲気が良く合います。

駐車場部分

駐車場部分

お店の前と西側が駐車スペースになるとのこと。ランチタイムにはかなり満車になることが予想されます。

おわりに

新店舗に移転するまでは現在の店舗で営業をされるようです。

新しいお店もすぐ隣なので間違える心配もなさそうですね。

新しい店舗の内装は従来の古風な日本の雰囲気を生かしたレイアウトとのこと。楽しみです。

こちらも読まれています

^